ハタネズミの飼育と遺伝特性の分析(4)

ハタネズミの飼育と遺伝特性の分析(4)

課題番号1992000295
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継S63〜H04
年度1992
研究問題遺伝資源の収集・保存・利用技術の開発
大課題遺伝資源の収集・利用の効率的手法の開発
中課題遺伝資源の探索・収集法の効率化
小課題ハタネズミの飼育と遺伝特性の分析(4)
摘要ハタネズミはゲッ歯類中で最も草食性が強いとされ、草食家畜の実験動物として開発されつつある。現在までに日本産とユーラシア産のハタネズミについて数系統が作出されている。本課題ではこれらの系統の遺伝的特性を明らかにする目的で、ホスホヘキソースイソメラーゼなど血球の16遺伝子座と、ロイシンアミノペプチダーゼなど血漿の5遺伝子座の電気泳動的変異について検討した。その結果、日本産の系統間では約25%、日本産とユーラシア産の系統間では約30%の遺伝子座で変異が認められた。各系統の遺伝的統御に応用するためには、さらに例数を増やして精度を高める必要がある。
研究分担遺資一遺資二・動物探索研動物保存研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030028416
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat