イネ科花粉等の保存性の究明(35)

イネ科花粉等の保存性の究明(35)

課題番号1992000324
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継H01〜H04
年度1992
研究問題遺伝資源の収集・保存・利用技術の開発
大課題遺伝資源の保存・管理技術の確立
中課題植物遺伝資源の長期安定保存・管理技術の開発
小課題イネ科花粉等の保存性の究明(35)
摘要イネ科植物の花粉は一般に寿命が短く、保存が困難なものが多い。昨年度に引き続きライ麦成熟花粉を材料に、超低温を始め各種温度にての長期貯蔵を試みた。7℃湿度50%で二日乾燥後の花粉の含水率は約11%で発芽率は37%と乾燥前に比べて約6割の生存率であった。この前後の含水率の花粉は寿命が短く、液体窒素貯蔵後の生存率も低いので、ライ麦花粉の超低温保存のための条件はかなり狭いと考えられた。含水率11%に調整した花粉を一年間各種温度で貯蔵したところ、−80℃及び液体窒素気相中(−160℃)に保存したものは、約10%の生存率を示し、交配に用いたところ、set率は無処理花粉と殆ど変わらなかった。ライ麦花粉は短命であるが、長期保存には超低温保存が有効であることがわかった。
研究分担遺資二・遺資管理生殖保存研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030028445
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat