長期貯蔵種子の活力検定と再増殖(36)

長期貯蔵種子の活力検定と再増殖(36)

課題番号1992000325
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継S58〜H04
年度1992
研究問題遺伝資源の収集・保存・利用技術の開発
大課題遺伝資源の保存・管理技術の確立
中課題植物遺伝資源の長期安定保存・管理技術の開発
小課題長期貯蔵種子の活力検定と再増殖(36)
摘要配布用貯蔵庫に保存中の畑作物や野菜種子について発芽調査を実施し、約10年前のデータと比較検討した。なたね、とうもろこし、トマトではほとんど発芽率低下が見られなかったのに対し、小麦、大豆、ねぎでは一部の品種で発芽率の低下が顕著に認められた。これによって、貯蔵種子の定期的発芽調査について、調査実施間隔を作物ごとに設定するための基礎データを得た。また、水稲を含む数種作物について、貯蔵種子の発芽率の年次推移を調査した結果、貯蔵6〜7年目のデータでは、低温貯蔵、真空密封貯蔵の場合、各作物とも当初の発芽率を維持していたが、常温乾燥条件で貯蔵した場合、水稲では貯蔵容器による差異が顕著に見られるようになった。
研究分担遺資二・遺資管理
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030028446
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat