果樹等木本作物の低温保存技術の確立(50)

果樹等木本作物の低温保存技術の確立(50)

課題番号1992000334
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継H02〜H07
年度1992
研究問題遺伝資源の収集・保存・利用技術の開発
大課題遺伝資源の保存・管理技術の確立
中課題栄養体の長期安定保存法と急速増殖法の開発
小課題果樹等木本作物の低温保存技術の確立(50)
摘要冬芽より培養系に誘導したナシ及びクワ培養茎頂の生存及びシュート形成について,多品種を用いて調査した。クワではいずれの品種でもシュートの形成は認められたものの,伸長停止やネクロシスを呈するものが約20%認められた。ナシでは,ニホンナシの平均生存率は90%以上を示したが,セイヨウナシでは約40%と低く,平均シュート形成率は,ニホンナシ40%,セイヨウナシ20%であった。供試したなかのニホンナシ7品種,セイヨウナシ4品種に全くシュート形成が認められず,用いた培地では維持できなかった。またナシ培養シュートの発根について検討した結果,NAA及び糖類添加が有効であったが,ニホンナシの発根割合が低く,培地条件の検討が必要であった。
研究分担遺資二・栄養保存研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030028455
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat