植物蛋白質の同定ならびに相同性の比較のためのモノクロナール抗体の利用(133)

植物蛋白質の同定ならびに相同性の比較のためのモノクロナール抗体の利用(133)

課題番号1992000400
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継H01〜H04
年度1992
研究問題遺伝子・細胞操作等による新農業生物資源作出技術の開発
大課題新育種素材作出のための組換えDNA技術の開発
中課題有用形質における遺伝子の同定・単離と形質発現の解析
小課題植物蛋白質の同定ならびに相同性の比較のためのモノクロナール抗体の利用(133)
摘要免疫感作されたマウス脾臓細胞と、マウス骨髄腫(ミエローマ)細胞の融合の融合操作によるモノクローナル抗体は、高特異性・高力価・保存性の特質のために多方面で利用されるようになり、従来より国内外の研究室と種々の坑原に対するモノクローナル抗体の作製の共同研究を行っている。本年度は作製技術の習得研修をかねて、チェンマイ大学(タイ)ならびにレンバン園芸研究所(インドネシア)の派遣研究員とそれぞれLYSMV(ニラ黄斑モザイクウイルス)ならびにPVY(ジャガイモYウイルス)の作製を行った。このうちLYSMVは坑原に問題があり、目的の抗体は得られなかったが、PVYのモノクローナル抗体を産生するハイブリドーマ細胞を得た。
研究分担分子育種・酵素化学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030028521
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat