イネ・ウイルス病抵抗性素材の作出(150)

イネ・ウイルス病抵抗性素材の作出(150)

課題番号1992000416
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継H02〜H07
年度1992
研究問題遺伝子・細胞操作等による新農業生物資源作出技術の開発
大課題新育種素材作出のための組換えDNA技術の開発
中課題有用形質における遺伝子の同定・単離と形質発現の解析
小課題イネ・ウイルス病抵抗性素材の作出(150)
摘要35Sプロモーターのー240からー90に強いエンハンサー活性が存在することを昨年報告した。さらに、高率発現ベクターを開発したことも報告した。本年度はこの領域の詳細な解析を行った。活性はー210からー90の領域にマップされ、ゲルシフトアッセイおよびフットプリンティングによりー198からー187の配列(ATGCCTCTGCC)にtrans因子が結合すること、またこの因子は葉及び培養細胞に存在することが示された。ー198からー187の配列をタンデムに連結するとエンハンサーとして働くことが示された。イネに導入されたRSV外被蛋白遺伝子は後代(R1)に安定に遺伝すること、発現は葉では全蛋白の0.1から0.5%でみられるが、種子においては検出限界(0.005%)以下であった。
研究分担分子育種・形質転換研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030028537
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat