イネ品種内多重標識系統の作出と利用(231)

イネ品種内多重標識系統の作出と利用(231)

課題番号1992000492
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継S62〜H05
年度1992
研究問題遺伝子・細胞操作等による新農業生物資源作出技術の開発
大課題放射線照射による新遺伝子の創出と遺伝資源利用法の開発
中課題突然変異による新遺伝資源の作出手法の開発
小課題イネ品種内多重標識系統の作出と利用(231)
摘要昨年度まで、標識として使いやすい淡緑葉が、コシヒカリ、農林8号、レイメイ、ニホンマサリに独立して誘発されたが、ニホンマサリを除いて全て同じ遺伝子座であった。花粉汚染検出のための標識であるが、この標識の染色体位置がわかれば、これらの系統を用いて新たな突然変異遺伝子が誘発されたときには、遺伝的な解析が容易になる。既に染色体10に座乗していることが判明しているpgl遺伝子をもつ系統とコシヒカリ、ニホンマサリの淡緑葉系統と交配したところ、コシヒカリの淡緑葉は、pgl遺伝子と同じ遺伝子座であり、ニホンマサリの淡緑葉は違う遺伝子座であった。その他、標識として有望な穂が白くなる白穂遺伝子がコシヒカリに誘発選抜されているが、標識としての有効性について検討していく。
研究分担放育・放育法1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030028613
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat