放射線誘発突然変異遺伝子の発現機構の解析

放射線誘発突然変異遺伝子の発現機構の解析

課題番号1992000510
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間新H04〜H06
年度1992
研究問題遺伝子・細胞操作等による新農業生物資源作出技術の開発
大課題放射線照射による新遺伝子の創出と遺伝資源利用法の開発
中課題突然変異遺伝子の構造解析
小課題放射線誘発突然変異遺伝子の発現機構の解析
摘要イネに対する放射線照射によって中間もち、低アレルギー米等の突然変異体が数多く得られている。これら突然変異体の形質発現を遺伝子レベルで解析するため、ゲノミックDNAあるいはcDNAをクローン化し、塩基配列を決定して遺伝子の構造変異と発現機構の関係を調べる。また、変異体タンパク質を分離・精製してその性質を調べ、遺伝子の突然変異がタンパク質の構造と機能
研究分担放育・放育法1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030028631
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat