水田畑作用乾燥機の高性能化に関する研究−高性能大豆用乾燥機の開発(12)

水田畑作用乾燥機の高性能化に関する研究−高性能大豆用乾燥機の開発(12)

課題番号1992004051
研究機関名生物系特定産業技術研究推進機構(生研機構)
研究期間完S62〜H03
年度1992
研究問題低コスト農業の確立と安全で快適な農作業のための技術開発
大課題農業機械の多機能化のための技術開発
中課題水田作・畑作用機械の多機能化に関する研究
小課題水田畑作用乾燥機の高性能化に関する研究−高性能大豆用乾燥機の開発(12)
摘要大豆用循環式乾燥機を開発するために必要な諸条件を求めるため、大豆用循環式乾燥試験装置を用い、風量比0.03〜0.1m3/s/100kg、初期含水率15〜27%、熱風温度常温〜40℃で乾燥試験を実施し、次のような結果を得た。40℃での乾燥は裂皮粒が多くなる危険性があり避ける必要がある。また裂皮粒は低含水率からの乾燥で発生しやすい傾向にある。搬送装置の可動部と固定部の間隙が大豆粒径の2倍以上であり、バケットエレベータに誘導排出型を用いた乾燥機で、大豆の循環乾燥が可能と考えられる。乾燥条件は、しわ粒発生条件についてはさらに検討を要するが、初期含水率18%程度で、送風温度35℃以下かつ乾燥速度0.35%/h以下と考えられる。
研究分担生産・乾燥調製研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030028663
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat