新素材の利活用に関する研究−耕うんづめの摩耗(62)

新素材の利活用に関する研究−耕うんづめの摩耗(62)

課題番号1992004062
研究機関名生物系特定産業技術研究推進機構(生研機構)
研究期間完S63〜H03
年度1992
研究問題低コスト農業の確立と安全で快適な農作業のための技術開発
大課題耐久性・信頼性向上のための技術開発
中課題新素材の利活用に関する研究
小課題新素材の利活用に関する研究−耕うんづめの摩耗(62)
摘要耕うんづめ等の摩耗部品の耐久性を高めるため、各種のコーティング材を用いその効果を検討した。今年度は、酸化クロム系セラミックとコバルト自溶合金の2種類を耕うんづめにコーティングし、供試した。実験は、茨城県の稲、麦及びゴボウの生産を中心とする農家に委託した。実験開始後、339時間(20カ月)で、100時間換算の累積摩耗率は、無処理(5.0%)>セラミック(2.8%)>コバルト自溶合金(2.7%)であった。コバルト自溶合金については249時間で、溶射後の再溶融処理による強度低下のため湾曲した。セラミックコーティングにより約2倍の耐久性の向上がみられたが、コーティング処理工程の費用の低減が残された問題である。
研究分担基礎・耐久研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030028674
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat