自然環境立地による農村空間の配置・再編パターンの摘出(14)

自然環境立地による農村空間の配置・再編パターンの摘出(14)

課題番号1992002648
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
他機関農工研
研究期間完H01〜H03
年度1992
研究問題近畿・中国地域農業の発展方式の確立
大課題中山間地帯農山村の整備方式の確立
中課題中山間地帯における農業基盤整備指標の策定
小課題自然環境立地による農村空間の配置・再編パターンの摘出(14)
摘要過疎化,高齢化が進行している中国地域中山間を対象に,地形に主点をおいた地域類型化を行うとともに,耕作放棄農地の持つ条件を明らかにすることで,自然環境立地と生産,生活空間との関係を解明した。地域類型は旧村を単位とし,国土数値情報を主に利用して6類型に分類した。この過程でパソコン用の国土数値情報利用システムを開発した。地域類型の結果と地域変化動向との間には,農家人口,耕地の増減,土地利用等で類型毎の特徴が見られた。耕作放棄農地については,水田を対象に勾配,区画,通作距離等の要因の優先順位および現状における維持限界を明らかにした。
研究分担企連・総研1
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030028744
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat