肉用子牛の新生産技術の経営的評価システムの開発−システム理論による評価システムの開発−(24)

肉用子牛の新生産技術の経営的評価システムの開発−システム理論による評価システムの開発−(24)

課題番号1992002660
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
研究期間完H02〜H03
年度1992
研究問題近畿・中国地域農業の発展方式の確立
大課題地域農業の営農システムの確立
中課題高生産性営農方式の解明
小課題肉用子牛の新生産技術の経営的評価システムの開発−システム理論による評価システムの開発−(24)
摘要「体外受精」あるいは「受精卵移植」に代表される肉用子牛の新生産技術に対して,経営経済的評価を可能とするシステムをシステムダイナミックス(SD)の手法に基づき開発した。評価システム内には,逐次線形計画法(LP)あるいは重回帰式より得られた結果を積極的に導入している。生産される和子牛ヌレ子が12.5万円で販売されるとの価格設定で,広島県S農協管内を対象にしてシステムを実行したが,和子牛のヌレ子生産は,生産率が70%以上(2子生産が100%成功した場合,生産率を200%とする)になった時点で開始され,新生産技術の主たる担い手は乳用牛頭数30頭未満の小規模層酪農家である,という結果を得た。
研究分担企連地域基盤・研技情報科情報処理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030028756
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat