水稲生育の相違と登熟期の根および葉身活力の推移との関係(38)

水稲生育の相違と登熟期の根および葉身活力の推移との関係(38)

課題番号1992002673
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
研究期間継H02〜H04
年度1992
研究問題近畿・中国地域における農業環境の保全・管理方式の確立
大課題土壌の生産力向上技術の確立
中課題根域土壌の物質動態解明による土壌管理技術の向上
小課題水稲生育の相違と登熟期の根および葉身活力の推移との関係(38)
摘要旺盛な作物の生育を維持するには,葉身および根部の活力を,長期間高く持続させることが重要である。活力評価法として15Nを用いるトレ−サ−法を適用し,窒素施肥条件を変えて(基肥重点区,穂肥重点区)栽培した登熟期の水稲(ヒノヒカリ)で検討した。穂肥重点区の止葉葉身では基肥重点区のそれに比べ,15Nの取り込みがより高く活力に富むと推考できる。養分の一時的貯蔵器官として考えられる葉鞘における15Nの存在割合は下位になるほど高まる。この知見は吸収された養分が円滑に穂へ転流できないことを示唆している。
研究分担生産環境・土壌管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030028769
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat