水稲直播用播種機の改良に関する研究

水稲直播用播種機の改良に関する研究

課題番号1992002720
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
他機関農研センタ
研究期間単H03〜H03
年度1992
研究問題近畿・中国地域における耕地の高度利用方式の確立
大課題作物生産機能の解明と高位安定生産技術の開発
中課題主要作物生産における機械化,資材利用による高位作業技術の開発
小課題水稲直播用播種機の改良に関する研究
摘要水稲の省力低コスト安定栽培技術として,折衷直播(乾直)技術の確立を図ることを目的とし,本年度は耕耘と同時に作溝し,散播後入水する作業方法について,その作業性及び収量性を調査した。作溝は条間21cmの作溝器を用い8条の溝を作成した。試験の結果,気象条件には恵まれなかったが,耕耘・作溝作業は可能であった。圃場は高低差があり,水深の浅かった部分は鳥害を受けたが,受けなかった箇所ではばらまき状態に近い所もあったものの溝低部からの出芽が比較的多かった。本方式は,省力・低コスト技術としての可能性が高いと考えられるが,播種方法等の改善及び適品種の選定等が必要であると思われた。
研究分担作物開発・機械化研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030028816
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat