資材利用による根域環境改善技術の確立

資材利用による根域環境改善技術の確立

課題番号1992002732
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
研究期間新H04〜H07
年度1992
研究問題近畿・中国地域における耕地の高度利用方式の確立
大課題野菜の高品質安定生産技術の確立
中課題露地野菜の高品質安定生産技術の開発
小課題資材利用による根域環境改善技術の確立
摘要近畿中国地域の野菜産地は生産規模が小さく,複雑な立地条件下に点在することなどにより生産基盤が脆弱で生産性も低い。従って,消費地に近接する立地条件を生かすためには,気象環境に適した品目の選定及び資材等を利用した好適栽培環境の作出が重要であり,特に高温環境緩和による高品質野菜安定生産技術の確立が求められている。そこで,高温期におけるメロン栽培において,地温,土壌水分を制御するための各種マルチ資材の特性を明らかにするとともに根の活性との関係を解明し,資材利用による根域環境改善技術を確立する。
研究分担畑地利用・野菜栽培研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030028828
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat