夏秋どりイチゴの生理生態特性の解明(119)

夏秋どりイチゴの生理生態特性の解明(119)

課題番号1992002737
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
研究期間継H01〜H04
年度1992
研究問題近畿・中国地域における耕地の高度利用方式の確立
大課題野菜の高品質安定生産技術の確立
中課題施設栽培による野菜の高品質周年安定生産技術の開発
小課題夏秋どりイチゴの生理生態特性の解明(119)
摘要夏秋どりイチゴは,そのほとんどが四季成り性品種を使って栽培されている。しかし,促成栽培用品種と比較すると品質の面で問題が多い。そこでイチゴ一季成り品種を用いた夏秋どりの可能性について検討した。花芽分化促進のために,7月11日から7月31日まで温度10℃で20日間の低温暗黒処理を行った後,ただちに定植した。定植後34日を経過した時点ではランナ−の発生は20本と多かったが,最も重要となる花蕾の発生も全ての個体で確認された。しかし頂花房に続く腋花房の発生については不明であり今後の課題である。
研究分担畑地利用・施設栽培研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030028833
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat