小果樹類の導入と栽培特性の解明(53)

小果樹類の導入と栽培特性の解明(53)

課題番号1992002010
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
他機関果樹試
研究期間継S59〜H05
年度1992
研究問題寒地生物資源の低温生理生態の解明及び能力開発技術の確立
大課題寒地生物資源の能力開発と生理的特性の解明
中課題新作物・新育種素材の導入と定着化
小課題小果樹類の導入と栽培特性の解明(53)
摘要ロ−ブッシュ系ブル−ベリ−実生の2年度までの選抜17系統について継続調査した。樹高及び樹幅は、88〜167cmの範囲であった。収量は、1株当り最高が4.7kg、最低が1.4kgであった。ブリックス示度は、成熟果で10.9〜13.3%で、2年度よりやや低めであった。3年度の1粒重は多収のため全般に小さく、1.3gのものは2系統であり、最大粒重3.0g以上のものは9系統であった。果粉の極多いものが3系統あり、果粉が多い系統は裂果が少ない傾向にあった。1株の収量、1粒重、ブリックス示度、果粒の大小、粒揃い、果粉の多少を基準として、3年度は17系統中 8系統に優位性が認められ、その中で「6」、「16」の2系統がより優れていた。
研究分担作物開発・果樹研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030028946
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat