ばれいしょ育種材料の収集と保存(57)

ばれいしょ育種材料の収集と保存(57)

課題番号1992002014
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
他機関農蚕園芸局
研究期間継S28〜H06
年度1992
研究問題寒地生物資源の低温生理生態の解明及び能力開発技術の確立
大課題寒地生物資源の能力開発と生理的特性の解明
中課題育種素材の収集、評価、保存
小課題ばれいしょ育種材料の収集と保存(57)
摘要新導入点数は外国品種8、国内品種4、育成系統23の計35点。保存は栽培品種・系統643(うちウィルス罹病138)点、野生種263点、種間雑種775点(うち罹病181)点、合計1681点である。栽培品種と種間雑種のうち栽培種に近い生態の系統(374点)は一般圃場栽培とし、野生種と残りの種間雑種系統は枠及びポットで栽培保存した。利用はそうか病抵抗性、低グリコアルカロイド、小粒ばれいしょの育種素材として交配に一部を供試した。
研究分担作物開発・馬鈴しょ研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030028950
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat