マメ科牧草のハイブリット品種育種法の開発(64)

マメ科牧草のハイブリット品種育種法の開発(64)

課題番号1992002018
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継S58〜H05
年度1992
研究問題寒地生物資源の低温生理生態の解明及び能力開発技術の確立
大課題寒地生物資源の能力開発と生理的特性の解明
中課題バイオテクノロジー利用による新生物資源の開発
小課題マメ科牧草のハイブリット品種育種法の開発(64)
摘要育成したハイブリッド系統の2年目の生産力と個体植による特性調査を行った。細胞質雄性不稔クローンを利用した、4クローンの複交配によるハイブリッド、5系統の2年目合計乾物収量は、標準品種「キタワカバ」比で80〜98で、キタワカバの収量と同程度か低かった。また、同時に評価された、3つのエリートクローンを自殖または相互交配して得られた個体から合成した系統は、2年目合計乾物収量において、1系統だけキタワカバ比で90であったが、他の7系統はキタワカバ比で68〜83で有意に低収であり、自殖弱勢が大きいと考えられた。
研究分担飼料資源・マメ牧研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030028954
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat