たまねぎのプロトプラストからの安定的再分化技術の確立(71)

たまねぎのプロトプラストからの安定的再分化技術の確立(71)

課題番号1992002022
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H02〜H04
年度1992
研究問題寒地生物資源の低温生理生態の解明及び能力開発技術の確立
大課題寒地生物資源の能力開発と生理的特性の解明
中課題バイオテクノロジー利用による新生物資源の開発
小課題たまねぎのプロトプラストからの安定的再分化技術の確立(71)
摘要萌芽葉基部から単離したプロトプラストからの安定的コロニー形成条件を検討した。最適ホルモン濃度はzeatin 5μM及びpicloram 5μMであった。ABAの添加によるコロニー形成促進効果は認められなかった。エチレンの発生・作用の抑制を目的としてAgNO3及びCoCl2の添加効果を検討したが、両物質の添加はコロニー形成に対し阻害的であった。培地pHの低下を防ぐMESのの添加はコロニー形成を促進した。無添加区では5〜10細胞で分裂が停止して褐変化したが、5mM添加区では20細胞以上からなるコロニーが形成された。10mM以上の添加は分裂を阻害した。
研究分担作物開発・野菜研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030028958
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat