てんさい単胚系統種子生産性の改良(128)

てんさい単胚系統種子生産性の改良(128)

課題番号1992002069
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継S50〜H05
年度1992
研究問題寒地畑作・園芸作農業における総合生産力向上技術の確立
大課題畑作物・園芸作物の優良品種の育成
中課題畑作物の優良品種の育成
小課題てんさい単胚系統種子生産性の改良(128)
摘要3年目の系統適応性検定試験に入る育成系統「北海58号」の採種特性を調べた.同系統の種子親系統「KWS−8006−MS」と花粉親系統「NK−152」及び比較として「モノパール」の種子親系統「NK−172mm−CMS×NK−183mm−O」及び「TK−76−49/2BR3mm−CMS」を用いた.耐倒伏性と密接に関係する「北海58号」の両親系統の草丈、分茎数は、それぞれ125cm、15本程度の中間型で問題がなかった.各種子親系統と花粉親系統の開花期はほぼ同時期であり、前記の倒伏性とともに採種上に問題はなかった.採種量(精選種子量)は100〜140kg/10aの範囲で「KWS−8006−MS」は他の2系統の中間程度であった.千粒重は10.7g、発芽率は95%以上で問題がなかった.
研究分担畑作生産・甜菜育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029005
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat