てんさい単胚O型個体の選抜及び系統の育成(130)

てんさい単胚O型個体の選抜及び系統の育成(130)

課題番号1992002071
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継S36〜H10
年度1992
研究問題寒地畑作・園芸作農業における総合生産力向上技術の確立
大課題畑作物・園芸作物の優良品種の育成
中課題畑作物の優良品種の育成
小課題てんさい単胚O型個体の選抜及び系統の育成(130)
摘要雄性不稔系統を育成するために基本となるO型(雄性不稔維持系統)個体の選抜並びに系統の育成を行う.3年は、自殖系統N2n−29に由来する4家系のテスターとの交配並びにS2自殖、N2n−44のO型個体選抜と自殖を行った.N2n−29の家系には2〜3胚の個体が多いものが存在した.テスターとのF1の不稔性分離から各系統につきO型と推定される個体を選抜した.N2n−44は極めてO型個体頻度が低いと推察された.NK−215mm−Oはメンデル性雄性不稔遺伝子を保有する可能性があり、再選抜を行い選抜個体の自殖による種子増殖を行った.北海道大学より導入された異型雄性不稔細胞質(CMSの3細胞質)に対するO型個体の選抜を開始した.
研究分担畑作生産・甜菜育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029007
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat