グルテニン・グリアジンサブユニット構成と製パン性の関連の解明(142)

グルテニン・グリアジンサブユニット構成と製パン性の関連の解明(142)

課題番号1992002081
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H03〜H05
年度1992
研究問題寒地畑作・園芸作農業における総合生産力向上技術の確立
大課題畑作物・園芸作物の優良品種の育成
中課題畑作物の優良品種の育成
小課題グルテニン・グリアジンサブユニット構成と製パン性の関連の解明(142)
摘要1)ファーストシステムにおいて7.5%ゲルを用いることで5+10サブユニットを検出できた。2)110品種・系統・銘柄のHMWグルテニンサブユニットの分析を行い、北海番号系統のなかに5+10サブユニットをもつものがあることを認めた。3)農林61号の2*サブユニットに相当するバンドが見られず、4サブユニットに相当する位置にバンドが認められた。4)DNS、HRW、1CWは3銘柄とも5+10サブユニットを有していた。
研究分担作物開発・麦育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029017
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat