キクイモの高イヌリン品種の育成(149)

キクイモの高イヌリン品種の育成(149)

課題番号1992002087
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H03〜H05
年度1992
研究問題寒地畑作・園芸作農業における総合生産力向上技術の確立
大課題畑作物・園芸作物の優良品種の育成
中課題畑作物の優良品種の育成
小課題キクイモの高イヌリン品種の育成(149)
摘要キクイモの高イヌリン新品種を育成するため、国内外の遺伝資源を収集し、生育特性、収量等の諸特性を評価し、有望な系統を選定しようとした。キクイモは各地域において自然淘汰を受け、自生集団の間に分化が起きて変異が大きいため、各地域より163材料を収集し、その中の31材料について検討した。塊茎の皮色は赤紫系統とそれ以外に区別され、匐枝の長さは赤紫系統が長い。塊茎の着生分布は赤紫系統が広く、深い傾向にある。赤紫系統の株当り塊茎数は56〜122個、個体当り塊茎重は14.1〜29.2gで、それ以外の系統は、それぞれ28〜52個、37.2〜70.8gの範囲にあり、ブリックスは赤紫系統が高い傾向にあった。
研究分担畑作生産・厳寒資源研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029023
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat