ヒマワリのαートコフェロール高含有品種の検索及び開発(150)

ヒマワリのαートコフェロール高含有品種の検索及び開発(150)

課題番号1992002088
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H03〜H99
年度1992
研究問題寒地畑作・園芸作農業における総合生産力向上技術の確立
大課題畑作物・園芸作物の優良品種の育成
中課題畑作物の優良品種の育成
小課題ヒマワリのαートコフェロール高含有品種の検索及び開発(150)
摘要ヒマワリの油分は、他の油料作物に比較してビタミンEのαートコフェロールが多く、機能性食用油として評価が高い。保有する遺伝資源44品種を栽培し、重要な農業形質である生理・生態的特性、子実重、油分などの評価を行い、育種素材として有望な極早生、短茎、高油分の品種を選定した。また、収穫物の脂肪酸組成とαートコフェロール含量の成分分析を行い、化学成分を評価した結果、5品種がリノール酸とαートコフェロールの含量が高く、育種素材として選定した。
研究分担畑作生産・厳寒資源研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029024
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat