高糖・難劣化性てん菜品種の育成

高糖・難劣化性てん菜品種の育成

課題番号1992002091
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間新H04〜H09
年度1992
研究問題寒地畑作・園芸作農業における総合生産力向上技術の確立
大課題畑作物・園芸作物の優良品種の育成
中課題畑作物の優良品種の育成
小課題高糖・難劣化性てん菜品種の育成
摘要北海道におけるてんさいは、糖分取引制度の実施により根重型から高糖分型で高品質の品種に代わってきた.品質に関しては、病害の発生による糖分の低下と砂糖の結晶化を妨げる有害性非糖分の増加による品質劣化、収穫後から工場で製糖化されるまでの長期にわたる野外貯蔵が引き起こす生理的糖分の消耗、腐敗、凍結等による品質劣化が問題となり、これに対応した耐病性で高糖・高品質な難劣化性品種の育成が製糖効率の向上、生産コスト引き下げを図る上からも強く要望されている.本研究では、原料てんさいの品質劣化に直接関与すると考えられる病害に対して抵抗性で高糖・高品質な難劣化性品種の開発を目指す.
研究分担畑作生産・甜菜育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029027
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat