たまねぎの雄性不稔系統保存のための頭球利用技術(157)

たまねぎの雄性不稔系統保存のための頭球利用技術(157)

課題番号1992002095
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H01〜H05
年度1992
研究問題寒地畑作・園芸作農業における総合生産力向上技術の確立
大課題畑作物・園芸作物の優良品種の育成
中課題野菜の優良品種の育成
小課題たまねぎの雄性不稔系統保存のための頭球利用技術(157)
摘要頭球貯蔵方法の予備試験としては各種方法を比較したところ、ポリエチレン袋密封低温(0〜3℃)貯蔵が最も有効と思われた。頭球による栽培は減量歩合の大きい頭球は不萌芽が多く、できる限り減量を抑制する貯蔵が望ましいと推察された。頭球形成率の系統間比較では、一般に形成率は高かったが、「k80015A」は形成率が特に低く、形成を促進させる処理が必要と思われた。収穫時0.13g以上の頭球について、頭球のサイズ(重量)別にポリエチレン袋密封低温貯蔵を行ったが、翌年3月まではしなびることなく保存され、減量歩合は頭球の重量が大きいほど少なかった。
研究分担作物開発・野菜研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029031
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat