連作条件における主要畑作物の反応の解明(184)

連作条件における主要畑作物の反応の解明(184)

課題番号1992002125
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H02〜H99
年度1992
研究問題寒地畑作・園芸作農業における総合生産力向上技術の確立
大課題畑作物・園芸作物の低コスト、高品質、安定、多収化技術の確立
中課題連作限界の解明と短期連作技術の確立
小課題連作条件における主要畑作物の反応の解明(184)
摘要テンサイ・バレイショ・コムギ・ダイズ・アズキの5作物による連輪作圃場における生育収量の変遷を把握することを目的とする。本年は連作12年目に当たり、全作物に対して土壌消毒区を設けた。各作物とも前年までと同様の傾向を示し、アズキでは連作による減収・落葉病が、バレイショではそうか病が観察された。しかし、テンサイでは連作による減収、根腐病の程度は軽微であった。アズキでは土壌消毒により有意に収量が増加したが、テンサイ・バレイショ・ダイズでは堆肥施用量の増加にともない土壌消毒の効果は減少した。
研究分担畑作管理・作付体系研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029061
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat