根菜類を組み込んだ作付体系の現地事例実態調査(187)

根菜類を組み込んだ作付体系の現地事例実態調査(187)

課題番号1992002128
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H01〜H05
年度1992
研究問題寒地畑作・園芸作農業における総合生産力向上技術の確立
大課題大規模畑作農業における低コスト、多作目生産システムの確立
中課題畑作の低コスト、多作目生産システムの確立
小課題根菜類を組み込んだ作付体系の現地事例実態調査(187)
摘要大規模畑作地帯に短根系の野菜を導入する多作目体系の確立の一環として、2年に引き続きにんじんを対象とする実態調査を行った。その結果、十勝北部では2年に比べ、10〜25%施肥量が少なくなっていた。これは、一部の農家で総合研究第2チームが開発した施肥播種機の使用により減肥していたためであった。また、人手不足による収穫時期の遅れにより裂根の発生が多かったため、規格内率が低い例が多く、適期収穫を可能とする収穫作業の省力機械化が急務となっていることが認められた。なお、にんじんのBrixおよび根色は土壌型の違いによる明瞭な影響は認められず、栽培管理の影響によるものが大きいと考えられた。
研究分担企連・総研2
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029064
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat