新用途向け品種の開発育成−加工品の試作評価(214)

新用途向け品種の開発育成−加工品の試作評価(214)

課題番号1992002156
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間単H03〜H03
年度1992
研究問題草地・飼料作を基盤とする寒地畜産における総合生産力向上技術の確立
大課題牧草・飼料作物の優良品種の育成
中課題飼料作物の優良品種の育成
小課題新用途向け品種の開発育成−加工品の試作評価(214)
摘要紫とうもろこしの有するアントシアン色素を抽出し、キャンディー、粉末ジュース、酸性飲料、清酒、牛乳、酸性乳飲料、ヨーグルト、アイスクリームに添加し、その適用性を評価した。その結果、キャンディーや粉末ジュース、酸性飲料、酸性乳飲料は比較的安定した発色を示し、実用化は可能と考えられた。しかし、本色素は低PH領域では安定した呈色を示したが、中性領域に近づくにつれ不安定となり、清酒や牛乳では通常の方法では色素の利用が困難であった。今回供試した色素材料は市販のサンプルと比較し耐熱性、耐光性などの点でほぼ同一であったが、今後はこれら理化学性の改良や色素含量の向上を育種的に図る必要がある。
研究分担飼料資源・飼料育研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029092
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat