低・未利用資源の高度利用技術の開発(257)

低・未利用資源の高度利用技術の開発(257)

課題番号1992002198
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間完H01〜H03
年度1992
研究問題草地・飼料作を基盤とする寒地畜産における総合生産力向上技術の確立
大課題地域賦存飼料を主体とした乳・肉用牛生産システムの確立
中課題低・未利用資源の活用による肉用牛生産システムの確立
小課題低・未利用資源の高度利用技術の開発(257)
摘要過去2年間の試験から、水産副産物や加工残渣物がギ酸を3〜4%添加し、フィッシュサイレージ(FS)にすることによって、生臭さも消えて嗜好性のあるタンパク質飼料として有望であることを育成めん羊で確かめた。3年度は肉用牛のタンパク質飼料としての可能性を検討するため、FSの材料に雑魚(小魚+かじか)を供試し、ホル去勢牛(14〜15月齢)に1年間に亘って給与した結果、■アンモニア処理麦稈とFS飼料との組合わせで、日増体量0.8〜1.0kgに達し、乾物摂取量も日本飼養標準並であった。■FSからの粗タンパク質摂取量が飼料全体の60%に至っても血液成分、増体等に異常はなく、屠体成績も良好で、アンモニア処理麦稈とFS主体による牛肉生産が十分可能と考えられた。■今後、飼料としての特性、安全性、ハンドリング性を明らかにする必要がある。
研究分担企連・総研3
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029134
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat