ランドサット情報による土壌特性区分図の作製手法の開発(262)

ランドサット情報による土壌特性区分図の作製手法の開発(262)

課題番号1992002203
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継S63〜H04
年度1992
研究問題寒地生態系の特性解明及び管理・利用技術の確立
大課題寒地耕地生態系の特性解明と環境管理技術の改善
中課題寒地自然資源の特性解明と利用技術の開発
小課題ランドサット情報による土壌特性区分図の作製手法の開発(262)
摘要てん菜生産力区分図作成手法の開発に当たり、ランドサットによる作目判読精度の確認をした。各作物とも高い精度で判別され、土壌の腐植含量が少ない土壌ではてん菜、ばれいしょが、多い土壌では小麦、とうもろこしが多い傾向にあり、前後作関係の傾向も把握できた。ランドサット判読てん菜作付図、面積は共済組合の作付図、てん菜工場の地域別面積集計の結果とは多少異なり、現行の調査は共済非加入農家圃場の欠落、飛び地てん菜畑の居住地域集計など、精度上限界のあることが明らかになった。てん菜群落の各波長帯のCCT値の推移に土壌間差がみられ、ランドサット情報からてん菜の葉色、生育量、水分状態などの推移を推察できる可能性が示唆された。
研究分担畑作管理・畑土壌研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029139
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat