北太平洋におけるアカイカの産卵期・産卵場の解明(47)

北太平洋におけるアカイカの産卵期・産卵場の解明(47)

課題番号1992005513
研究機関名遠洋水産研究所(遠水研)
他機関大型鯨研
研究期間継S63〜H04
年度1992
研究問題水産資源の生物特性の解明
大課題遠洋水域における水産資源の生物特性の解明
中課題外洋性いか類資源の生物特性の解明
小課題北太平洋におけるアカイカの産卵期・産卵場の解明(47)
摘要元年4〜5月にハワイ諸島北西海域で成熟親いかとリンコトウチオン幼生の採集に成功し、従来から推定されている冬〜春のハワイ海域での産卵の可能性を支持する結果が得られた。北太平洋におけるアカイカの産卵場としてはこの他に春季の小笠原海域が知られているが、小笠原からハワイ海域に至る海域については調査が行われていない。今後は秋から春にかけて小笠原ーハワイ海域の調査を行い、産卵盛期の確定と産卵場の確認を行う必要がある。
研究分担外洋資源・外洋いか研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029235
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat