南太平洋ビンナガの資源評価(72)

南太平洋ビンナガの資源評価(72)

課題番号1992005537
研究機関名遠洋水産研究所(遠水研)
他機関かま調研
研究期間継S62〜H07
年度1992
研究問題水産資源の変動機構の解明
大課題遠洋水域における水産資源の変動機構の解明
中課題高度回遊性魚類資源の変動機構の解明
小課題南太平洋ビンナガの資源評価(72)
摘要我が国は,南太平洋諸国等からの禁止要求を受け2/3年漁期より当海域における流し網操業を中止した。そのため,当海域のビンナガに関する調査・研究の発展は,極めて困難な状態となった。一方,タスマン公海域に新たに竿釣りの漁場が開発された。3年度は,この竿釣り漁業に関する資料などの収集を行った。今後は、当海域における竿釣り漁業及びはえなわ漁業がビンナガ資源にどのような影響を与えているかを検証する必要がある。
研究分担浮魚資源・まぐろ生研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029259
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat