大型鯨類の資源量とその変動の研究(82)

大型鯨類の資源量とその変動の研究(82)

課題番号1992005545
研究機関名遠洋水産研究所(遠水研)
研究期間継S63〜H04
年度1992
研究問題水産資源の変動機構の解明
大課題遠洋水域における水産資源の変動機構の解明
中課題鯨類資源の変動機構の解明
小課題大型鯨類の資源量とその変動の研究(82)
摘要3年にIWCが実施した北太平洋産ミンククジラの包括的資源評価において,オホーツク海及び周辺海域におけるその資源量推定を行った。夏季を中心に,日本の太平洋岸沖合海域及び北太平洋中低緯度海域にて目視調査を実施し,大型鯨類の分布,資源量に関する情報を収集した。また南半球の中緯度海域目視調査(委託)及び南半球高緯度海域のIWC/IDCR南半球産ミンククジラ資源調査に職員を調査員として派遣した。4年度以降もIWC/IDCR目視調査を実施するとともに,オホーツク海及び日本周辺海域においても鯨類目視調査に基づく鯨類の資源量推定を行う。
研究分担外洋資源・大型鯨研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029267
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat