玄武岩、安山岩質岩石および赤色風化物由来の土壌の分布特性(9)

玄武岩、安山岩質岩石および赤色風化物由来の土壌の分布特性(9)

課題番号1992004123
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完H01〜H03
年度1992
研究問題森林生態系における立地環境及び植物相の特性と機能の解明
大課題森林立地の特性の解明と評価
中課題森林土壌の成因と特性の解明
小課題玄武岩、安山岩質岩石および赤色風化物由来の土壌の分布特性(9)
摘要富山県から岐阜県にまたがる山地には、赤味の強い土壌が低標高から高標高まで分布する。現地調査により、標高1000メ−トル付近に分布する土壌は局所的にしかみられなかったが、低山地の土壌は比較的広くまとまって分布した。前者の土壌断面には、火山活動に伴う熱変成の影響がみられたが、後者には礫層を含むなど堆積の層相が異なった。土壌の化学的性質は類似したが、起源・成因が異なる赤色風化物に由来する両土壌について、分類学的に同一に扱うべきか否か、重要な問題点が提起された。本成果は林野庁、各都道府県試験研究機関等が利用している林野土壌分類(1975)の再検討のための基礎資料として活用される。今後、土壌特性の資料を集積し生成過程を明らかにする必要である。
研究分担森林環境・地質研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029308
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat