スギ・ヒノキにおける菌根菌の実態とその共生効果(39)

スギ・ヒノキにおける菌根菌の実態とその共生効果(39)

課題番号1992004151
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H01〜H05
年度1992
研究問題森林生態系における立地環境及び植物相の特性と機能の解明
大課題森林群落の構造と機能の解明
中課題森林群落における養分動態の解明
小課題スギ・ヒノキにおける菌根菌の実態とその共生効果(39)
摘要スギの根の成長とVA菌根の形成およびVA菌根菌の胞子生産との関連を調査するため、根を含む土壌サンプルを採取した跡に滅菌土壌を充填し、一定期間後に再生産された根量とその菌根形成率、および菌根菌胞子数を調査した。その結果、根は6カ月につき元の根量の約10%ずつの回復を示した。再生産された根の菌根化率は6カ月、1年後にはいずれも約50%で原土壌のレベル(約70%)よりやや低く、それ以上経過した場合は、ほぼ原土壌と同等まで回復した。それに対し、VA菌根菌の胞子数は2年経過後も原土壌の1%以下に過ぎず、構成種も原土壌のものとは異なっていた。
研究分担森林環境・養分研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029336
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat