樹木の季節的生長と栄養要因(40)

樹木の季節的生長と栄養要因(40)

課題番号1992004152
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H01〜H05
年度1992
研究問題森林生態系における立地環境及び植物相の特性と機能の解明
大課題森林群落の構造と機能の解明
中課題森林群落における養分動態の解明
小課題樹木の季節的生長と栄養要因(40)
摘要イチョウのメバエに対し、N施与、P施与、K施与、NP施与、及び無施与の5処理を行ない、3年後の状態を調べた。N施与苗は、開葉の時期が早い傾向がみられた。開葉の早いものほど6月時点のN含有率が高い傾向があったので、Nを多く持っていることが開葉を早める原因と考えられる。P施与苗は、逆に開葉がおそくなる傾向があった。これはP施与によって苗木の成長が促進され、その結果N欠乏をまねいたためと考えられる。落葉に関しては、N施与苗では遅くなる傾向がみられた。
研究分担森林環境・養分研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029337
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat