ブナ・イヌブナ等,共存する近縁種の個体群構造の解明(45)

ブナ・イヌブナ等,共存する近縁種の個体群構造の解明(45)

課題番号1992004157
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H01〜H04
年度1992
研究問題森林生態系における立地環境及び植物相の特性と機能の解明
大課題森林群落の構造と機能の解明
中課題林木の繁殖特性と生活史特性の解明
小課題ブナ・イヌブナ等,共存する近縁種の個体群構造の解明(45)
摘要イヌブナの株の構造と発達過程を明らかにすること、分枝モデルと、疑似植物群落での光環境の解析手法の有用性を検証することを目的とした。イヌブナの最大株面積は約8平方メートルだが、生きている幹の胸高断面積合計は1平方メートルを下回り、単木であるブナの胸高断面積の最大とほとんど差がなかった。株の発達は萌芽の新生と枯死のくりかえしで、いくつかの株発達パターンが認められた。楕円葉のモデル群落の投影図を画面上に描き、空隙率を読み取ることができた。いくつかの入射角度で得られた直達光の投影面積を平均し散乱光の相対照度を推定した。この結果は門司・佐伯(1953)の理論値によく一致した。
研究分担森林環境生産技術・種生態研植生研生産研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029342
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat