落葉広葉樹の実生稚樹における光合成特性の解明(50)

落葉広葉樹の実生稚樹における光合成特性の解明(50)

課題番号1992004162
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H02〜H05
年度1992
研究問題森林生態系における立地環境及び植物相の特性と機能の解明
大課題森林群落の構造と機能の解明
中課題林木の成長特性と環境適応性の解明
小課題落葉広葉樹の実生稚樹における光合成特性の解明(50)
摘要落葉広葉樹の光合成・蒸散特性を常緑広葉樹を交えて検討した。森林総合研究所の樹木園の49種の広葉樹について、6〜7月に野外条件で測定した。各樹種ごとの最大光合成速度は、10〜31mgCO2/dm2/hrの範囲であり、高い順にクヌギ、エゴノキ、クスノキ、アキニレ、アズキナシ、逆に低い順にミツカエデ、カゴノキ、モチノキ、マテバシイ、リョウブであった。水利用効率の指標であるP/T比では、モッコク、ケヤキ、アキグミ、クヌギ、アキニレ、ミズメ、アラカシなどが高く、逆に、ミズキ、イチガシ、アカシデ、アズキナシ、マンサク、コブシ、ミツカエデなどが低かった。P/T比は乾燥を好む種で高く、湿潤を好む種で低い傾向が経験的に認められているが、今回用いた樹種の分布特性を検討した結果これを裏づけ、植物生態学上の有効な基礎情報であることが確認された。
研究分担森林環境・環境生理研群落研種生態研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029347
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat