リター分解菌の生存戦略機構(64)

リター分解菌の生存戦略機構(64)

課題番号1992004175
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H01〜H05
年度1992
研究問題森林生態系における微生物及び動物の機能の解明
大課題森林微生物の分類と生理・生態及び生態系における役割の解明
中課題森林生態系における微生物群集の動態解明
小課題リター分解菌の生存戦略機構(64)
摘要リタ−を分解する高等菌類,とくに根状菌糸束を持つグル−プの生活様式を明らかにする。新たに、Marasmius insignis Hino ,M.aurantiacus Hinoを同定し、分布地域は前者が島根県出雲、また両菌ともに山口県豊浦を追加した。 Marasmiellus candidusは、これまで常緑樹林でのみ確認されていたが、イヌブナ林でも確認した。生育型については、都城市常緑広葉樹林において、M.1004コロニ−内では根状菌糸束が落下した枝を堅固に接着しており、これはM.insignisも同様であった。また、Xeromphallina cauticinalis,M.candidusを殺菌シラカシ枝に接種したところ、やや細い根状菌糸束であったが多量で高密度に発生した。
研究分担森林生物・土微研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029360
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat