スギ・ヒノキ穿孔性害虫の分離微生物の特性調査(86)

スギ・ヒノキ穿孔性害虫の分離微生物の特性調査(86)

課題番号1992004199
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完H01〜H03
年度1992
研究問題森林生態系における微生物及び動物の機能の解明
大課題森林動物の分類と生理・生態及び生物間相互作用の解明
中課題昆虫病原微生物の分類と特性の解明
小課題スギ・ヒノキ穿孔性害虫の分離微生物の特性調査(86)
摘要穿孔性害虫の微生物防除法を開発するため、天敵微生物の病原力・培養特性などを明らかにすることを目的とした。Paecilomyces属5菌株中ヒノキカワモグリガ幼虫に対する病原性は、P.nr.andoiが最も高かった。各種菌株の最適培養温度は25℃であったが、15−25℃ではP. nr. andoiがP. fumosoroseusより生育が速い傾向があるようであった。25℃では、 B. bassiana、 P. nr. andoiの生育は他の菌株より速かった。また、 30℃ではB. bassianaの生育がよかった。ヒノキカワモグリガのNPVは同幼虫に対して注射法で病原性を持つことが判明した。代替ホストとしてはチャハマキは不適、また、ヒノキカワモグリガに近縁なコナガから分離されたNPVは、ヒノキカワモグリガに対する病原性を有していなかった。成果の受渡し先は他の研究機関。残された問題点として、NPVの齢期別病原力を解明する必要がある。
研究分担森林生物・昆虫病理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029384
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat