表層雪崩の発生条件と予知(150)

表層雪崩の発生条件と予知(150)

課題番号1992004262
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完S62〜H03
年度1992
研究問題森林の水土保全・防災機能の維持・増進技術の高度化
大課題森林の防災機能の解明と森林災害防止技術の向上
中課題防災林の機能解明と造成・維持及び管理技術の開発
小課題表層雪崩の発生条件と予知(150)
摘要大規模な表層雪崩の多くは、低温で、短時間に大量の雪が降る場合に発生する。この雪崩の発生を予知するため、雪の剪断強度と密度の関係、密度と粘性係数の関係を調べ、これらの関係と理論的考察により、積雪の安定度の時間変化を推定する式を導いた。この式に、米国等で使われている雪崩発生基準、安定度<1.5を用い、降雪強度と雪崩発生の関係を求めた。その結果、傾斜45度、初期密度50kg/m3、降雪強度3kg・m−2・h−1の場合、約3時間後に雪崩が発生し、降雪強度2kg・m−2・h−1以下の場合には、雪崩が起こらないことが示された。この結果は、過去の事例からほぼ妥当なものと判断され、JR東日本などの運転規制基準の策定に利用されている。
研究分担森林環境・防災林研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029447
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat