森林資源及び環境の維持管理方策の究明(200)

森林資源及び環境の維持管理方策の究明(200)

課題番号1992004314
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H01〜H05
年度1992
研究問題森林の総合的利用計画方式の確立
大課題環境情報を組込んだ森林資源管理技術の開発
中課題環境保全を重視した計画管理手法の開発
小課題森林資源及び環境の維持管理方策の究明(200)
摘要今年度は新たに公表された90年世界農林業センサスの結果、およびその他の関連データを利用して、■林地転用、■森林の公益的利用、■森林の教育・文化活動への利用、の3点についての分析を行った。■80年代末の土地ブームにおける森林開発は、消費拡大を狙う政策のもとでリゾート開発を中心としたレジャー型開発のウェイトが増大していること、■公益的利用に関するセンサスデータは森林の公益的機能の絶対値を表現し得ないという限界があるが、それはセンサスの限界というより公益的機能の表現方法の限界であること、■森林の教育・文化活動への利用についても統計データとして問題があるものの、調査の回を重ね変化を追うことが可能になれば意味が出てくる、といった点が明かとなった。
研究分担林業経営・環境管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029499
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat