森林環境管理と森林利用の計画化手法の確立(201)

森林環境管理と森林利用の計画化手法の確立(201)

課題番号1992004315
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H02〜H06
年度1992
研究問題森林の総合的利用計画方式の確立
大課題環境情報を組込んだ森林資源管理技術の開発
中課題環境保全を重視した計画管理手法の開発
小課題森林環境管理と森林利用の計画化手法の確立(201)
摘要収集した文献をもとに、地理情報による研究事例について検討を行った。それによると、■解析法の点からの分類、■GISの特徴である面データを活用するという観点からの分類、■表示方法による分類、についてそれぞれいくつかの方法が提示できる。収集した文献ではほとんどがラスター型のGISを利用しており、そのデータハンドリングの良さが伺われた。また現在時点では、プロット調査などの点のデータを基にモデルを構築し、そのモデルを利用して面について評価するといった古典的なGIS利用が大勢を占めていることが分かった。今後の研究のポイントとして、評価項目の設定と解析方法の工夫、結果の表示方法の工夫、ARC−INFOに代表されるポリゴン型GISの活用、が考えられる。
研究分担林業経営・環境管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029500
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat