総合評価による目的間調和分析手法(203)

総合評価による目的間調和分析手法(203)

課題番号1992004317
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H03〜H05
年度1992
研究問題森林の総合的利用計画方式の確立
大課題環境情報を組込んだ森林資源管理技術の開発
中課題環境保全を重視した計画管理手法の開発
小課題総合評価による目的間調和分析手法(203)
摘要森林の機能類型を行うための手法を検討した。森林の機能類型化のためには森林の価値の評価が避けられない。緑資源の評価・ゾーニングに際しては、各々の価値を評価できない、または、評価できたとしても貨幣的価値、量的価値、質的価値として同一基準で比較できない質的・主観的・感性的なものを含んでいることの多いことがあげられる。上記の点についての解析法として、経験や勘を活かした意志決定法であるAHP法(階層化意志決定法)をゾーニングに適用することを検討し、最終目標、評価基準、代替案の3階層からなる簡単な階層構造モデルを作成した。
研究分担林業経営・解析研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029502
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat