カンバ類における材質変異の解明と育種法の確立

カンバ類における材質変異の解明と育種法の確立

課題番号1992004433
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間新H03〜H07
年度1992
研究問題亜寒帯・針広混交林帯における森林の特性及び機能の解明と公益的機能利用技術の高度化
大課題天然林生態系の構造と動態の解明
中課題林木の遺伝機構と天然林の遺伝的構造の解明
小課題カンバ類における材質変異の解明と育種法の確立
摘要ウダイカンバは市場では、素材の心材部の大きなマカバ(高価格)と小さなメジロカバ(低価格)に区分されている。カンバ類について心材量を決定する要因を生態的処理により検証するとともに、遺伝的側面からの調査を行って材質形質およびアイソザイムによる遺伝変異の大きさを解析する。羊ケ丘実験林の17年生の人工林内に、生態学的仮説を検証するための実験区を設けて標本木を選び、胸高直径、樹高、生枝下高、樹冠長および樹冠直径を計測した。羊ケ丘実験林と林木育種センター北海道育種場に集植されているシラカンバ、ウダイカンバ、ダケカンバおよびヤエガワカンバを用いて人工交配を行い遺伝解析用の交雑種子を得た。
研究分担北海道・遺伝研造林研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029618
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat