林型区分及び蓄積調査技術の改善(342)

林型区分及び蓄積調査技術の改善(342)

課題番号1992004458
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継S60〜H06
年度1992
研究問題高度に自然力を活用した森林施業技術と経営管理技術の確立
大課題天然林の施業及び管理技術の改善
中課題天然林管理の基礎となる森林調査法の改善
小課題林型区分及び蓄積調査技術の改善(342)
摘要札幌営林署管内定山渓の天然林の航空写真をドラムスキャナーによって数値化した。天然林の林分構造は、針葉樹及び広葉樹が混交し、かつ、複層からなる林冠を構成するため、複雑で林型毎の区分が明瞭には判別できない。このため、疑似カラーを用いて、林型区分の自動化をすすめている。この結果、育成天然林や未立木地の判読が可能であることがわかった。しかし、天然林施業に利用可能な林分区分のレベルに向上させるためには、今後、現実の林分と疑似カラー上の反応パターンとの整合性を高める必要がある。
研究分担北海道・天然林研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029643
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat