林地における種子の最適発芽条件の解明(347)

林地における種子の最適発芽条件の解明(347)

課題番号1992004465
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継S62〜H04
年度1992
研究問題高度に自然力を活用した森林施業技術と経営管理技術の確立
大課題天然林の施業及び管理技術の改善
中課題天然林施業における更新・保育技術の向上
小課題林地における種子の最適発芽条件の解明(347)
摘要ミズナラ堅果を時期別に採取し室温乾燥試験を行った。9月7日に採取した堅果は果皮が緑色で脱水率{(採取時の含水量−測定時の含水量)/採取時の含水量*100}33.6%では発根率も低下し未発根堅果が増加した。採り播きより乾燥させた堅果の根長が短かった。10月2日では脱水率25%前後の乾燥でも30%程度の発芽率と発根率を示し、緑色堅果の発芽率は茶色堅果より低かった。また、発芽堅果を比較すると脱水率20〜30%の芽生え各部位の成長量が大きくなる傾向を示した。平成4年度は下胚軸を処理した場合の上胚軸の出方を観察する。なお、実験の継続には生物環境調節実験棟の修繕が不可決である。
研究分担北海道・樹木生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029650
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat