農林複合経営の組織化と産地化(384)

農林複合経営の組織化と産地化(384)

課題番号1992004498
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継S60〜H05
年度1992
研究問題成熟途上林業地帯における経営管理技術及び施業技術の高度化
大課題林業経営方式の改善
中課題複合経営技術の改善
小課題農林複合経営の組織化と産地化(384)
摘要1)1992年1月〜12月の予定で秋田県西木村K氏にクリ部門について記帳を依頼した.記帳様式は自計式経済簿記を簡略化した様式である.2)東日本随一の乾しいたけ生産地,岩手県大東町において経営調査を行い,複合経営・主産地形成の諸要因について考察した.当地域においても生産物価格の低迷,経営後継者の不在化,労働力の不足化の進行などから,生産量の伸び悩みの傾向がみられる.3)林構事業で特用林産物の販売施設の設置を計画する宮城県東和町において,原料調達・販売・収支・管理運営計画について計画診断を行い,産地化方策の観点から問題点を指摘し,二,三の改善点を提言した.
研究分担東北・経営研(部長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030029683
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat